積み木

滋賀でこだわりのあるステキな家を注文住宅で建てよう

  1. ホーム
  2. 住宅の建て方の種類とは

住宅の建て方の種類とは

一戸建て

新築の戸建て住宅には幾つかの種類があります。まずは建売分譲住宅ですが、これは完成した物件を購入してすぐに住めるものとなります。中には完成前に間取りなどを変更できる形のものとなります。そして施主の希望する住まいを建てるものに注文住宅があります。これは求める間取りやデザインとなるように設計するものとなります。建売分譲住宅が人気の理由は、何と言っても安く購入できる点が挙げられます。土地の仕入れから設計、建設と全てにおいて効率化することができるために、かなり安い金額で新築の戸建てが手に入るというわけです。一方で注文住宅は住みやすさを求めることができるので、住んでからの満足感の高さが人気の理由となっています。

安く新築の戸建てを手に入れることができる建売分譲住宅は、立地や間取りなどが生活スタイルや家族構成に合うものかを確認してから購入することが必要となります。一方の注文住宅の場合には、購入した土地をいかに活用するかを考えることが必要となります。地盤や気候などを考慮して躯体をつくることが必要となるからです。新築の戸建てを建てる上でコスト面で安く仕上げることができるローコスト住宅が人気を集めていますが、メーカーによって使用できる建材などが異なります。そのために、モデルルームに足を運んで、施主としてのイメージに合う住まいかどうかを確認することが必要となります。また断熱性などの基本性能もどの程度のものかをチェックすることが大事です。